2つの違い

決めること

会計事務所に転職する時に決めることがあります。
それは公認会計士になることか税理士になることです。
どちらもお金が関わる仕事であり、どちらも国家資格必要な職務です。
会計事務所はお金の整理や管理を行なうための仕事です。ですが、会計事務所によって専門にしている分野に違いがあります。
そのため、税理士や公認会計士になることを目指している人にてきしている事務所に転職することが必要になります。
転職する行動を避けるためには、最初に自分が目指している税理士や公認会計士の経験を積むことができるところに務めましょう。

確認する仕事

会計事務所から転職することが多い仕事が公認会計士です。
公認会計士とは、企業が行なっている会計が法に厳守した計算が行われているかの監査をする仕事です。
そのため、公認会計士は企業のサポートを行なうというより、企業と法の両方の立場を尊重した第3者になることが重要な仕事です。
公認会計士が鑑定する内容は企業や法のどちらかに偏るのではなく、正当な審査を行ないます。
そのため、企業に適切な会計書を提出することも重要な仕事になります。

税理士の仕事

税理士は名前の通り税に関する計算を行なう仕事です。
企業が計算する所得税や法人税などの書類を整理して提出することが仕事になります。
そうすることで、企業が計算してまとめる手間を省くこともでき、間違った書類を作成する心配もありません。
また、書類の作成以外にも税理士に税に関する相談をすることも可能です。