行なう仕事

会計のプロ

転職して勤める人が多い会計事務所は法的には正しい名称ではありません。
法的に会計事務所は税理士事務所や公認会計士事務所、監査法人、税理士法人などと言われる業務を会計事務所と言われています。
その会計事務所の仕事はお金に関する計算をまとめる職務です。
日本の納税は「申告納税制度」と言われるシステムであり、このシステムは自分で納税する書類を作成します。
そのため大変な手間が掛かるシステムであり、年々複雑化している傾向もあります。
このような難しいシステムを代わりに作成してくれるところが会計事務所です。
会計事務所に転職することで、税に関する知識を得ることができ、自分で作成することができるようになるメリットを得ることができます。

行なうこと

実際に会計事務所に転職してみることを考えている人は、「仕事内容を把握していないことが多い」です。
それは、転職するために知識は身に付けたが、その知識の活かし方を把握している人が少ないからです。
会計事務所は、企業のサポートを行なうためまず、会計事務所が企業にとって必要な存在であると伝えることから始まります。
そのため、ビジネスマナーを身に付け相手が不快になるような言葉の選択は避けることが必要です。
また、金銭面の計算をサポートする業務になるため、書類作成も行ないます。
他にも金銭面に関わることの大半のサポートを行なうため、社会に貢献することができる仕事と言えます。
社会の手助けをすることを目指している人なら、会計事務所の仕事は適していると言えます。